東京ドームでワクチン接種。お土産も!レアな体験!?

その他

先日、東京ドームでの新型コロナワクチンを接種してきました。

後楽園駅で降りて、向かう道からすでにGIANTS一色!!

わくわくしながら、ドーム正面の22番ゲートに向かいます。

かっこいい!!『ともに、強く。』がスローガンなのかな?(野球に疎くてすみません…)コロナウイルスにも、ともに強く戦いましょう!!

中に入ると、ユニフォームを着たスポーツマン風なお兄さん!筋肉・theイケメン!です。※選手なのか、誰なのかは不明(すみません…)
選手の方(仮)の後は、ジャイアンツのマスコット「ヴィーナス」が場内の案内役で出迎えてくれました♡お願いしたら、ポーズも決めてくれました(^^♪ かわいい!!

そのあと、医師の問診などがあり、接種をします。流れ作業ですが、皆さんとてもテキパキ、密になることもなかったです。少し体質で不安なことがあり、質問したところ看護師さんがとっても優しく丁寧に相談に乗ってくれました!感動。

いよいよ、ワクチンの接種!ワクチンはファイザー製を接種します。接種自体は、東京ドームの通路で行われ、8か所ほどの“打ち場”はほとんど目隠し?なしで行われます。でも、ほんと一瞬で終了!です。別室でベッドの用意もあるようなので、不安な方はお伝えすればそちらで接種できるそうです(^^)

接種後はまた流れ作業に戻り、ワクチン接種のシールを張ってもらい、2回目の案内と予診票をもらい、そのあと、接種した人全員に球団スポンサーなどによるプレゼントが手渡されます!
プレゼントの内容は、ドリンク1本(キリン iMUSE)、GIANTSマスク2枚、ウェットティッシュ、新規・2カ月無料のDAZNカード!これは、他の接種会場にはないうれしい特典ですね(^^)
もらったものはこちら↓

それがおわると、15~30分の待ち時間になるのですが、待ち時間は観客席(指定された場所)に入れます!オーロラビジョンでジャイアンツ戦の名場面集を放映。(ちょっと遠い…)時間表示がしっかりされているので、帰る時間がわかりやすいです。

ほとんど誰もいないスタジアムはなんか特別感がありました!待合場所では、救命師の方が数名、周囲の様子を見守っています。アナフィラキシーショックで突然倒れたりしても安心ですね。もし倒れた場合は○○医大付属病院に運ばれます、などという表示もありました!

以上、東京ドームでの新型コロナウイルスワクチン接種体験の報告でした!

公式発表されている東京ドームでの接種の情報です↓

○東京ドームでのコロナワクチン接種概要
対象:文京区、新宿区、港区の住民
ワクチンの種類:ファイザー製
日程:8/16(月)から11/18(木)まで 34日間
・プロ野球の平日ナイター開催日の試合前(9:00-14:00)を中心に実施。
・時間帯によっては、試合前練習を見学可能。
・2000人~/日を受け入れ、34日間で約3万5000人が2回接種することを想定。

○運営体制
・地域の医科大・大学付属病院、医療関連企業・法人などが協力。
・救急時に備えてドクターカーを用意。
・看護師は、3区内にある七つの医科大・大学付属病院から派遣。
・ワクチンを接種する「打ち手」は、「潜在看護師」(現在は医療現場に従事していない看護師)と救急救命士が担当。
・ワクチンの希釈・充填・管理は、「クオール薬局」で有名なクオール(株)から薬剤師を派遣。

あまり楽しくはない新型コロナのワクチン接種ですが、東京ドームでの接種は、GIANTSファンの方もそれ以外の方も楽しめる内容になっていました。

機会があれば、ぜひ東京ドームで予約してみてください!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました